ニュースで松山市にある少人数の学校、怒和小学校が閉校になり最後の終業式をしたというのを見ました。

ここは離島らしいのですが、小学校はここだけで幼稚園も中学校もないそうです。

中学になれば寮に入り、幼稚園はフェリーを使ってこども園に通うそうです。

離島での暮らしは不便そうですが、少人数だけあってその分絆は強いものでしょう。

ショックなことを知ってしまいました。

その学校は本当は全校児童が6人だったそうですが、2018年の西日本豪雨でこの学校に通っていた姉妹2人が土砂崩れに巻き込まれお母さんと共に亡くなってしまったそうです。

そのことを知って凄く悲しくなりました。

残されたお父さんの気持ちを思うと辛いですし、子供達も大切な数少ない学校の仲間を一度に二人も失うなんてあまりにも悲しすぎます。

天国で亡くなった姉妹さんたちが元気に過ごしてくれていたらいいなと思います。

やっぱり学校がなくなってしまうニュースを見るのは寂しいですね。

これからはみんな別々の道を歩むそうです。https://www.poieodesign.co/